"ロシアの新興企業が「LiveMap」と呼ばれるナビゲーションシステムとボイスコントロール機能を備えたバイク用ヘルメットの開発プロジェクトをオンライン資金調達サイト「IndieGoGo」で開始しました。Google Gla […]"

— ナビゲーションシステムとボイスコントロール機能を搭載したAndroidベースのバイク用ヘルメット「LiveMap」の開発プロジェクトが進行中 http://bit.ly/11zRl63

"
「幸運とは、準備と機会が巡りあったときに訪れるものである」―― セネカ

……と、いきなり格言引用から始まる発表文で、Feedly が「プロジェクト・ノルマンディ」こと、独自RSSプラットフォームの運用開始を宣言しました。

Google から独立した独自のフィード集約プラットフォームを稼働させたことで、従来のモバイルアプリからだけでなく、プラグインや拡張機能が不要なウェブ版 Feedly からも、またプラットフォームを利用するサードパーティー製のフィードリーダーアプリからも、10日後に迫ったGoogle Reader 終了後も従来どおりRSSフィードを読めるようになります。





Continue reading Feedlyが独自RSSプラットフォームを開始、ウェブ版も提供。他社アプリ9本が参加

Comments

"

— Feedlyが独自RSSプラットフォームを開始、ウェブ版も提供。他社アプリ9本が参加 http://engt.co/17ZGWrA

"アップルが、ロサンゼルス学区の生徒たちに「iPad」を支給する契約を取り付けたという。Los Angeles Timesが報じた。
"

— アップル、ロサンゼルスの全公立校に「iPad」を支給へ http://bit.ly/17ZxaFZ

"あるAnonymous Coward 曰く、

PC/Mac/Linuxに対応するゲームのネット配信サービスSteamが、ユーザー間でのゲームの貸し借りをサポートするのではという噂が出ている。Steamを利用するためのクライアントの最新ベータ版を解析したところ、「ゲームライブラリの共有」に関するメッセージが含まれていたことが判明したそうだ(Game*Spark)。

現在Steamを運営するValveからこのような「ゲームライブラリの共有」に関する発表は何も無いが、今後メーカーが許諾した一部のゲームでこのような機能をサポートする可能性は十分考えられる。MicrosoftはXbox Oneでのゲームの貸し借りに制限を加えることを発表して大きな批判を浴びているが、さてValveはどう出るか。

すべて読む | ゲーム

関連ストーリー:
Microsoft、Xbox Oneに関する噂に公式回答 2013年06月09日
常時インターネット接続が必要なゲームコンソールとあなた 2013年04月29日
Steam For Linux、リリース後半月での状況 2013年03月04日
PS4では中古ゲームのプレイはブロックされない 2013年02月23日

"

— ゲーム配信サービスSteamがユーザー間でのゲームの「貸し借り」をサポートするかも http://bit.ly/11oJtYo

"

ブライアン・チェスキー

ブライアン・チェスキーBRIAN CHESKY
Airbnb CEO兼共同創設者。ロードアイランド・スクール・オブ・デザインでインダストリアルデザインを学んだのち、ロサンゼルスでその知識を生かして店舗を経営。2008年にYコンビネーターの支援を受けてAirbnbを創業。Yコンビネーター出身の代表的な成功例として名を挙げられるほどまでに成長させた。Airbnbでは主に戦略を担当。Twitter: @bchesky

Airbnbは、自分の家や空部屋を宿泊施設として提供できるコミュニティマーケットプレイス。ホテルよりも安く利用できることに加え、旅行先の現地に住む人の家で過ごすことができる魅力的なサーヴィスが好評で急成長している。予約は累計1,000万泊を超え、33,000を超える都市、192カ国で利用可能。先日、新経済連盟主催の「新経済サミット2013」(日本版記事)に登壇するため、CEO兼共同創設者のブライアン・チェスキーが来日した。



──いちユーザーとしてAirbnbの物件を泊まり歩いているそうですが、今回の東京滞在もAirbnbを利用しているんですか?

今回の滞在は残念ながらホテルなのですが、サンフラシスコにいるときは、ユーザーとしてAirbnbを使っています。去年も多くの時間を割いてAirbnbのサーヴィスを利用して、さまざまな場所に泊まりました。自分たちのサーヴィスを実際に使ってみることは大切ですからね。FacebookやPinterestのようなSNSであれば、自分で毎日使うこともできますが、わたしたちのAirbnbのようなサーヴィスだと、毎日旅行するわけにいきませんからね(笑)。

──Airbnbでユーザーが提供する宿泊先は、ヴァラエティ豊かですよね。見ているだけで旅行した気分になれます。日本にも部屋を提供する人がたくさんいるんですね。

そうなんです。日本でもものすごい勢いでAirbnbの利用者が増えています。よく日本の市場は難しいと言われます。日本のマーケットは独特だ、と。でも去年に比べると、2倍以上成長しています。

──認知度を上げるためにプロモーションに力を入れたりしてるんですか?

特に力は入れていません。なぜならユーザーの口コミが何よりも強力だからです。ですから、ユーザーを招いたパーティなどを催したりしています。普通インターネットのサーヴィスでは、人と顔を合わせたりすることってないですよね。わたしたちの提供するサーヴィスはオンラインで行われますが、実際にユーザーは、誰かの家に泊まるというオフラインのところでサーヴィスを体験するわけです。ですからサーヴィスの体験をストーリーとして語ってもらったり、実際にオフラインのイヴェントを実施することによって、サーヴィスが拡がっていると感じています。

──オンラインのサーヴィスなのに、オフラインでの人とのつながりを大切にするということなんですね。知らない人の家に泊まるサーヴィスって、初めて聞いたときには驚くと思うのですが、起業の際そのような既成概念を壊すのに苦労しましたか?

日本は、大企業に対してものすごく敬意が払われていて、新しいことを始めるときにいいアイデアがあってもハードルが高いですよね。アメリカ、とくにサンフランシスコは、それとはまったく環境が異なるんです。いいアイデアがあって、それをかたちにしたいと思えば起業すればいいし、何か問題があればそれを解決すればいいだけなんです。シンプルでしょう?

スタートアップを始めるときに、大変なのは適確なアドヴァイスをくれる人が少ないことくらいでしょう。もし、日本の若い方にアドヴァイスをするなら「Take a risk」です。

もし20代、もしくは30代なら、リスクをとる機会がたくさんあるんです。でも歳を重ねるとそういうわけにはいかなくなりますよね。だから若いうちにリスクをとることは、最大のチャンスなんです。失敗したら恥ずかしいなんて思うかもしれません。でもそれを乗り越えた先に成功があるのです。それが成功の秘訣です。

Airbnbを起業することになったきっかけは?



──可能性100%の成功なんてないですもんね。ではAirbnbを起業するにあたって、何かきっかけはありましたか?

わたしが起業したきっかけは、サンフランシスコに住んでいて家賃を払うお金がなかったんです。たまたま大きなデザインカンファレンスがサンフランシスコで行われることになったのですが、ホテルがどこもかしこも満室になってしまったんです。そこで、自分たちの部屋を貸せばいいんだ!と思いつきました。でも残念なことに、ゲスト用のベッドがなくって……(笑)。当時のルームメイトで共同創業者のジョーがエアーベッドをもっていたので、Airbnbという名称にしたんです。

なのでAirbnbは、単純に問題解決から生まれたビジネスなんです。生活をより楽しく、便利にしたいという思いから始まりました。そういうかたちではじまった起業は数多くあります。

──問題解決から生まれたアイデアがビジネスになったということですね。ビジネスを続けていくには、新たなアイデアをもち続けることが重要だと思うのですが、普段から新たなアイデアを出し続けるために工夫していることはありますか?

ええ、毎日大小問わず新しいアイデアを思いつきます。わたしは「アイデアを思いついても、実現可能なかたちにするまで口に出さない」ことにしているんですが、最近、あるアイデアをかたちにすることができました。「Neighborhoods」というサーヴィスです。このサーヴィスの面白いところは、人と地域の相性にフォーカスしたことです。例えば、あなたが旅先のホテルとしてフォーシーズンズを予約したとします。フォーシーズンズのことですから、治安がよくて、観光地に近い便利な場所に立地しているとすぐにわかりますよね。でも、Airbnbのサーヴィスの場合、いろんな場所に部屋があるので、自分に合っている場所を見つけるのは簡単ではないんです。

この「Neighborhoods」にアクセスして、ロンドンに行くとした場合、「閑静なエリア」「ロンドンっ子に人気の場所」という好みや、「テムズ川沿いに泊まりたい」なんていう希望を選択すると、リクエストにぴったりの土地が出てきて、宿泊場所を見つけることができることができるんです。人だけではなく、土地もプロファイルしようという試みです。

これよりも小さなアイデアもたくさんあります。最近では、「マッドメン」をテーマにした日を設定して、1960年代のファッションで出社したりしました。

アイデアを生み出す秘訣は、「楽しむ」ことを大切することだと思うんです。特に、職場が楽しいということは重要です。人は楽しい場所にしか行きたがらないというのが1つ目の理由。2つめは、楽しんで働くことは、オープンマインドになれて、クリエイティヴでイノヴェイティヴになれるからです。そこから世界を変えるアイデアが生まれるのです。"

— INTERVIEW 若い人はリスクをとるチャンスがある:Airbnbのアイデアを実現する秘訣 http://bit.ly/11X4HId

"幕張メッセで開催されているネットワーク技術の展示会「Interop Tokyo 2013」。初日となる6月12日には、niconico、GREE、LINEのキーマンが、今後のSNSのあり方について議論した。
"

— ニコ動、GREE、LINEのキーマンが語るSNSのあり方—Interop Tokyo 2013 http://bit.ly/19scsPk

"
ついにGoogleリーダーのサービス終了が7月1日となります。皆様、RSSリーダーの移行準備は進んでいますでしょうか? 代替サービスはいくつかありますが、中でも人気のある『Feedly』がついに動き… 続きを読む "

— Googleリーダー難民を救う? Feedlyがついに動き出しました http://bit.ly/11Af3yz

"Facebookがハッシュタグのサポートを追加した。これにより同社の11億1000万人のユーザーは、有名人のゴシップや最新ニュースといった人気の高い話題に参加しやすくなる。
"

— Facebook、ハッシュタグを追加—若年層取り込みに効果か http://bit.ly/14xCI7c

"

RUN伴

“認知症”についてみなさんはどのようなイメージを抱いていますか?
なんとなくは知っていても、認知症の方が身近にいないのでよくわからないという人が多いのではないでしょうか。

65歳以上の高齢者のうち認知症の方は約15%いるといわれています(参考)。高齢化がすすんでいき、認知症についてわたしたちがもっと“自分ごと”として考える必要性は高まっていくでしょう。

しかし、一体どうやって“自分ごと”にすればいいのでしょうか。

認知症になっても安心して暮らせる町づくりをすすめるNPO法人認知症フレンドシップクラブ主催の「RUN伴(ランとも)」はそんなきっかけをつくっているイベントです。

「RUN伴」とは認知症の方、家族、支援者や地域住民が少しずつリレーをしながら、1つのたすきをつなぎゴールを目指すイベントです。2011年におこなわれた第1回では、函館—札幌間300キロをつなぎました。2012年の第2回は、札幌—東京間1200キロをつなぎ、今年の夏に開催される第3回は旭川−大阪間1700キロをリレーします。

認知症のイメージと現実のギャップ

「RUN伴」は一体どのような思いから始まったのでしょうか。「認知症フレンドシップクラブ」理事の徳田雄人さんにお話を伺いました。

徳田さんは大学卒業後8年間NHKにて勤務し、主に医療・福祉に関する番組の制作に携わっていました。その際、“認知症”というテーマに出会ったのです。当時のことについてこう語ります。

若年性認知症の夫婦の取材をさせていただく機会がありました。インタビューをしていく中で、私が当時抱いていたイメージとのギャップに気付かされました。ただ、「大変そう」というイメージだったのですが、実際認知症の方々の困りごとは私たちにもサポートできそうな身近なものだったのです。

例えば、「体は元気ですが、帰れるか不安で外出できない」や「友達づきあいがなくなってしまった」などでした。これらの悩みはほんの小さなサポートがあるだけで解消されます。

関心のない人にも知ってもらいたい

認知症をテーマに取材を続けていくうちに、徳田さんの意識は変わっていきます。

世間の認知症に対する認識を変えることで、認知症の方をサポートしたいと考えるようになりました。しかし、テレビ番組を通して問題提起をすることだけでは認知症について関心のある人にしかメッセージを届けられないと感じていました。

社会の中で孤立してしまっている認知症の方をサポートするためにはもっと別の方法があるのではないかと悩んだ結果、2009年に会社を退職しようと決意しました。

小さなサポートから大きな支えへ

退職後、徳田さんは取材を通してつながった「認知症フレンドシップクラブ」代表の井出さんと一緒に活動することになります。

当時、「認知症フレンドシップクラブ」は北海道の札幌を中心に、“やりたいこと”を支援する友人ボランティア「フレンドシップサポーター」や、
安心して利用できるお店や場所「フレンドシップスポット」の紹介を通じて、
一人ひとりの小さなサポートをつなげて、
大きな支えになるような町をつくっていくための活動をしていました。

認知症フレンドシップクラブ「旅サポ」の様子認知症フレンドシップクラブ「旅サポ」の様子

徳田さんはこの活動を全国的にひろげていきたいと考え、「認知症フレンドシップクラブ」のメンバーになりました。

だれでも参加できて達成感を得られることとは

そして、徳田さんは「RUN伴」という新しいプロジェクトの立ち上げにかかわります。

「認知症フレンドシップクラブ」の新しいプロジェクトとして、認知症の方々と一緒にできて、さらに達成感のあることがしたいと考えていました。しかし、どうしても能力や症状の違いに影響されてしまうものが多く、だれでも参加できるというのはなかなか難しいことでした。

そんな時、意外なところで答えが見つかりました。

私と代表の井出の趣味は“マラソン”なんです。そこから、みんなでリレーをするのはどうだろうと考えるようになりました。走るのは難しいかもしれませんが、それぞれの人に合わせて距離を短くしたり、車いすを利用することでだれでも参加できると思いました。また、1つのたすきをつないでみんなでゴールを目指すことで、達成感も味わえます。

アイデアを初めて実現させたのは2011年7月でした。コースは函館から札幌の300キロです。

“みんなで走る”=“楽しそう”

「RUN伴」は第1回目にして思いもよらない反響がたくさんあったそうです。

1回目ですし、参加者10名くらいで開催できればいいかなと考えていました。しかし、介護事業所の方々や地域住民のみなさんにお声掛けするととても反応が良かったんです。認知症に関するイベントのお誘いをすることもあったのですが、それよりも「行ってみたい」というお声をたくさんいただきました。走ることが好きな人は多いのでハードルが低かったのではないでしょうか。結果として、171名の参加者が集まりました。


認知症当事者、家族、そして地域住民が自然とつながれる場

認知症当事者の方にとって「RUN伴」とはどのような機会になるのでしょうか。

認知症になって介護が必要になると、何かに“挑戦する”機会は減ってしまいがちです。人は目標があるといきいきとしますよね。「RUN伴」に参加されている時のみなさんは何かから解放されたようなとても良い表情をしていました。当事者の家族や支援者もその姿に驚き、喜んでいました。1年に1回参加することを目標としていただくことで、日々の生活もより楽しくなってくれればいいですね。

地域住民の反応はどうだったのでしょうか。

「RUN伴」ではおそろいのオレンジのTシャツを着てリレーをしています。その効果もあってか、不思議と仲間意識が芽生え、会った瞬間から参加者同士ハイタッチをしたりしていました。こんな雰囲気なので認知症の方と地域住民の参加者が自然に交流できる場になっていました。

伴走者として参加した地域住民の方が認知症の方に置いていかれるという微笑ましいシーンもありました。そういった光景は、認知症の方のイメージを変えるきっかけになると思います。

急スピードでひろがっていく輪

ユニフォームの効果はそれだけではありませんでした。

みんなが同じTシャツを着ていたので、地域住民の方に「何してるの?」とお声掛けいただくことが多かったです。

そして、第2回「RUN伴」はより多くの地域住民に参加してもらえるようになりました。

IMG_0752

なんと、ある地域では「RUN伴」の実行委員会が出来ていて、ミーティングがおこなわれていたのです。また、第2回「RUN伴」ではスポーツ少年団の子どもたち、大学生や市長さんも走ってくれることになりました。

認知症に関心のなかった人も、走ることで「よくわからない認知症」から、例えば「認知症の人ってあのおじちゃんのことでしょ」という風に意識が変わっていました。一人の意識が変わって周りに働きかければ、どんどん他の人にも伝わり、浸透していくでしょう。

地域のつながりでどんどん輪がひろがっていき、第2回の参加者は700名を超えました。また、「うちでもRUN伴をやりたい」という地域もでてきてコースも札幌―東京間の1200キロになりました。

今年開催される第3回「RUN伴」は旭川−大阪間1700キロをリレーするそうです。何名参加されるのか楽しみですね。

1本のたすきが世界一周!

今後の目標について、徳田さんはこう語ります。

目標は北海道から沖縄までの日本縦断、そして世界進出です。1年かけて世界1周するのも面白いですね。自分がつないだたすきが、色んな国の人がつないでいくことで世界一周するのはワクワクしますね。

認知症について少しでも興味のある方はもちろん、ただ「走りたい!」と思う方も「RUN伴」にエントリーしてみませんか?そこでは達成感と何か新しい気付きが得られることでしょう。広がる輪をますます広げていき、大きな輪を一緒につくってみませんか。

"

— 北海道から大阪までを縦断!認知症の方、家族、支援者や地域住民が一つのたすきをつなぐ「RUN 伴」 http://bit.ly/12o6SdZ

"注目され続ける3Dプリンター業界。 3Dプリンターの導入によって、多くの製造工場で試作品を作るスピードが上がっているのは周知の事実。驚くべきことではありません。が、一体どれだけスピードアップしたのか… 続きを読む
"

— ナイキやアディダス、3Dプリンター使用で試作過程が劇的にスピードアップ http://bit.ly/11Ie9Do

"

Another Android gaming console at this year’s E3? Kind of, sort of, yeah. But Unu’s (née Snakebyte) looking to set itself apart from the OUYAs, Gamesticks and M.O.J.O.s of the world (to name but a few) by becoming the “Swiss Army knife” of the space. The device isn’t so much a console as tablet that plugs into your TV, meaning that you can do pretty much whatever you can do on a standard Android slate (which, arguably, you can also do with Mad Catz’s device, but we digress).

The tablet itself runs Android 4.2, display through a seven-inch, 1280 x 800 IPS screen. The rear sports a brushed aluminum surface and a 5-megapixel camera (with a 2.0 module on the front). Inside, you’ve got 8GB of storage and a 1.6GHz quad-core chip. Unu does Bluetooth 4.0 and has two micro-USB ports, a microSD slot and, most importantly, a mini-HDMI port, which lets you turn the thing into a living room console of sorts, by connecting it to your HDTV. If you’re feeling fancy, you can go in for the docking station, which does video out and charging — and also props the tablet up nicely, so you can watch the same thing on two displays at the same time.

Filed under: ,

Comments

"

— Unu Android tablet / console hands-on (video) http://engt.co/16fdRF1

"

Participants in a study out of Duke are asked to identify one letter out of a circle of eight that flashes across a screen for a tenth of a second. The gamers turn out to be far better than their nongaming counterparts. [Read more]

    


"

— Video gamers outperform nongamers in vision test http://cnet.co/16f7lyg

"
ソニーが多面カット状のデザインが独特な BD プレーヤー「BDP-S5100」を発表しました。電源投入から約3秒でシステムが起動するなど、再生開始までの時間短縮と高速化が特徴です。また Blu-ray 3D再生や各種のインターネット動画サービスに対応したり、NAS や外付け HDD、USB メモリー内のソースを再生できるなど機能も充実しています。

Continue reading ソニーから多面カット天板のBDプレーヤBDP-S5100、動画サービスやハイレゾ音源対応など機能充実

Comments

"

— ソニーから多面カット天板のBDプレーヤBDP-S5100、動画サービスやハイレゾ音源対応など機能充実 http://engt.co/17IbrSJ

"ニットと共にあらんことを。 編み物というと、柔らかい優しいイメージがありますね。フワフワの毛糸で根気づよく編んでいく、優しさの中に強さが共存する作業です。が、そのイメージを一新して、SFチックでガジ… 続きを読む
"

— フォースの力でニットを編む、ライトセーバー棒針 http://bit.ly/12kZKik

"あるAnonymous Coward 曰く、

3Dプリンタで作られた機械式計算機「Turbo Entabulator」が、本家/.で取り上げられている。このTurbo Entabulatorには電子部品は全く存在せず、データ記録にはジャガード織機風のパンチ式カードリーダーを使用、動力は人間がハンドルを回すという原始的なもの。水がかかっても動作し、人間の努力次第でオーバークロックも可能だ。動作の様子は動画で公開されている(Home to a cunning artificer)。

また設計データも公開されているので、ファイルをダウンロードすれば、誰でも自宅の3Dプリンタで機械式計算機を作りことができるようだ。なお本当に作ろうという場合は、多くのナット、ボルト、スプリング、輪ゴム、および約1ダースの小さいベアリングが必要になるとのこと。

すべて読む | テクノロジー | 変なモノ

関連ストーリー:
空母に搭載した3Dプリンタで「兵器の現地調達」 2013年06月04日
平和利用のための3Dプリンターコンテスト 2013年05月25日
機械式Pong 2004年09月23日
クロック周波数6 Hzの機械式自作CPU 2002年11月08日

"

— 3Dプリンタで作り出された機械式計算機「Turbo Entabulator」 http://bit.ly/14vXNyL